競技場に立つ者 The Man in the Arena

私へのプレゼントとして2分ください。
是非、ご覧いただきたい動画です。

傍観者も、批評家も、評論家も、良いです。
でも競技場に立ちたくなったら、迷わず立ちましょうね!

競技場に立つ者

あの人はなぜ失敗するのかと

冷静に分析する批評家

どうやったらもっとうまくできるのかと

熱心に解説する評論家

しかし

彼らには決して辿り着けない世界がある

競技場に立つ者は、孤独で血と汗と泥まみれだ

勇気を振り絞って一歩踏み出し

時には大きくつまずき

時には悲しみの涙に打ち震える

挑戦すれば敗北もする

前進すれば傷つく

行動すれば非難される

それでも

燃えたぎる情熱を隠すことが出来ない者だけが

競技場に立つことが出来る

勝利の栄冠に相応しいのは

競技場に立つ者だけだ

そして

たとえ勝利を逃してたとしても

大いなる挑戦をした者だけが

辿り着ける世界がある

そこは

勝利も敗北も味わったことのない評論家が

決して知ることが出来ない世界だ

TA20181223 Inspired by Theodore Roosevelt “the man in the arena”

これはアメリカ合衆国第25代大統領セオドア・ルーズベルトが1910年4月23日にパリのソルボンヌ大学で行った演説( “Citizenship In A Republic”)の一部でThe Man in the arena と呼ばれている演説からアレンジしたものです。
原文はこちらです。

The Man in the Arena

It is not the critic who counts; not the man who points out how the strong man stumbles, or where the doer of deeds could have done them better. The credit belongs to the man who is actually in the arena, whose face in marred by dust and sweat and blood; who strives valiantly; who errs, who comes short again and again, because there is no effort without error and shortcoming; but who does actually strive to do the deeds; who knows great enthusiasms, the great devotions; who spends himself in a worthy cause; who at the best knows in the end the triumph of high achievement, and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly, so that his place shall never be with those cold and timid souls who neither know victory nor defeat.

  1. landscape 800 500
  2. sunsetx 1000 600
  3. beachx 1000 500

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP